FC2ブログ

【所有Nゲージ全車両紹介!】 500系・255系・E257系・189系・キハ28・キハ52・いすみ200 ほか (2016.10.2)

こんにちは。
sotoboline209です。

今回は、所有しているすべてのNゲージ車両の写真をのせたいと思います!

イメージ 1

所有している車両です。
2両以上の編成は先頭車のみ並べています。


イメージ 2

いすみ鉄道の3両です。
鉄道コレクション いすみ鉄道 いすみ200'型 2両セット
TOMIX いすみ鉄道 キハ52・キハ28形(キハ52首都圏色)セット


イメージ 3

房総特急用の3編成です。
N101編成も幕張所属の時代があったようなので房総ということで…。
快速妙高ではなく房総系の方向幕に交換したいですね。

TOMIX 限定品 JR 183・189系電車(N101編成・復活国鉄色)セット
KATO 255系 5両基本セット 4両増結セット
KATO E257系500番台 5両基本セット 5両増結セット


イメージ 4

サイドから。
500系の場違い感が…笑
奥の車両はKATO オハ31とオハニ30です。機関車を持っていないのに購入してしまいました…汗


イメージ 5

189系で流し撮りをしてみました。
屋根に埃が。笑


イメージ 6

せっかくなので信号機も設置してみました。
ただ、これだと右側通行?笑


イメージ 7

ただ、信号機があることでリアリティが増すような気がします。


イメージ 8

E257系のヘッドマークは購入時には「さざなみ」が取り付けられていますが、他の特急列車のヘッドマークも付属しています。
時間があれば「わかしお」に交換したいですね~。


イメージ 9

結局、増結セットは走らせず5両のみで運転させていました。
私のレイアウトでは10両は長すぎです。笑


イメージ 10

奥の信号機のボケがいい感じです。


今回はここまでにします。

また次回の記事でお会いしましょう!
スポンサーサイト



【Nゲージ走行会】 189系・113系・255系・キハ28など (2016.3.22)

こんにちは。
sotoboline209です。

今回は、千葉県の車両を中心としたNゲージの写真をのせたいと思います!
友人宅にて撮影しています。

イメージ 1

TOMIX JR 183・189系電車(N101編成・復活国鉄色)セット
183系1000番代は181系や157系の置換え用として、0番代よりも耐寒耐雪構造を強化し、1974年に登場しました。
クハ183-1500番代は耐寒耐雪装備でATC機器を搭載した為に、左側面の一番前よりの窓が小さいのが特徴となっています。
流し撮りしてみました。


イメージ 2

KATO 255系5両基本セット+4両増結セット
「房総特急(Boso View Express)」と総称される直流特急形電車255系は、平成5年(1993)に老朽化の183系からの置き換え用として誕生、千葉県房総半島の内房線・外房線用の特急用車両として運行され「ビユーさざなみ」「ビューわかしお」の愛称で、平成17年(2005)12月10日のダイヤ改正まで活躍しました。
現在は定期列車運用で主に総武本線の「しおさい」に使用されています。
255系はJR東日本の特急形電車として初のVVVFインバータ制御車で、253系の車体断面と同一の車体断面を持ち、グリーン車以外の普通車両についてもリクライニングシートを採用し、1993年度には、グッドデザイン商品に選定されております。
所有している車両の中で一番新しく買った車両です。この写真だとわかりませんが、ヘッドライトがかなり強い車両です。


イメージ 3

縦で撮影してみましたが、f10のため暗いです。
後方にフラッシュが届いていないですね。


イメージ 4

183・189系がシーサスクロッシング(TOMIX N-PX280(F)と思われる)を通過していきます。


イメージ 5

113系(KATO?) 183・189系N101編成 255系
3列車を並べました。
N101編成は厳密には長野の車両ですが、すべて千葉に関係のある形式です。


イメージ 6

113系1500番台と2000番台の連結です。
どちらも(別の)友人の車両ですが、クリーム色が少し異なっています。


イメージ 7

4+4の8両編成は外房線や内房線でよく見ることが出来た編成ですね。


イメージ 8

113系 E257系500番台 183・189系N101編成

KATO E257系500番台5両基本セット+5両増結セット
KATOは、首都圏から房総半島へと向かう「わかしお」「さざなみ」「しおさい」「あやめ」の各列車で活躍するE257系500番台を製品化します。
平成13年(2001)に、「あずさ」「かいじ」でデビューしたE257系ですが、平成16年(2004)からは、5両編成とした500番台が房総特急用にデビュー、183系を置き換えて活躍しています。
今春のダイヤ改正では、房総地区の特急列車体系が大きく変り、外房線の「わかしお」中心に運用されることとなり、「あやめ」の廃止、「しおさい」の255系統一、「さざなみ」の削減などE257系500番台を取り巻く環境が大きく変化しています。
房総特急は1日でE257系500番台に置き換えられましたが、「新宿わかしお」などで183・189系が走行することもありました。


イメージ 9

183・189系 E257系500番台 113系
今ではE257系500番台以外は引退してしまいました…


イメージ 10

いすみ200'型 183・189系 E257系500番台 113系

トミーテック 鉄道コレクション いすみ鉄道 いすみ200'型 2両セット
ご好評をいただいております鉄道コレクションに「いすみ鉄道 いすみ200'型 2両セット」が登場します。
いすみ鉄道は外房線と接続する大原から、小湊鉄道と接続する上総中野までを結んでおり、近年は旧国鉄の車両を急行として走らせ話題を呼んでいます。第15弾で製品化したものとは車番の異なる、いすみ200'型をラッピング前の姿で再現します。
いすみ200'型も並べると大原駅のようになりました。


イメージ 11

いすみ200'型 キハ28形 E257系500番台 113系 183・189系

TOMIX いすみ鉄道 キハ52・キハ28形(キハ52首都圏色)セット
第3セクターいすみ鉄道の観光急行列車で運用される元JR(国鉄)の気動車で、キハ52-125はJR大糸線運用後の2010年に搬入されました。
キハ28-2346はJR高山線キハ58系最後の定期運用後、元の急行色に戻り2013年よりキハ52と連結して運用されています。
キハ52は2014年3月よりそれまでのクリームと朱色の標準色から朱色1色の首都圏色に塗り直され、装いも新たに運用復帰しています。
最後に255系を除くすべての車両を並べました。
113系以外がsotoboline209の所有車両です。


今回はここまでにします。

また次回の記事でお会いしましょう!

Nゲージ KATO 255系 基本・増結セット (2015,11,28)

こんにちは。
sotoboline209です。

今回はKATO255系Nゲージの写真をのせたいと思います!

イメージ 1

基本セットと増結セットを購入しました。


イメージ 2

1号車 クハ254-5


イメージ 3

2号車 モハ254-10


イメージ 4

3号車 モハ255-10 動力車


イメージ 5

4号車 サロ255-5


イメージ 6

5号車 サハ254-5


イメージ 7

6号車 サハ255-5


イメージ 8

7号車 モハ254-9


イメージ 9

8号車 モハ255-9


イメージ 10

9号車 クハ255-5


イメージ 11

ヘッドライトはかなり明るい印象です。


イメージ 12

並べました。

インフォメーション KATOホームページより
「房総特急(Boso View Express)」と総称される直流特急形電車255系は、平成5年(1993)に老朽化の183系からの置き換え用として誕生、千葉県房総半島の内房線・外房線用の特急用車両として運行され「ビューさざなみ」「ビューわかしお」の愛称で、平成17年(2005)12月10日のダイヤ改正まで活躍しました。
現在は定期列車運用で主に総武本線の「しおさい」に使用されています。
255系はJR東日本の特急形電車として初のVVVFインバータ制御車で、253系の車体断面と同一の車体断面を持ち、グリーン車以外の普通車両についてもリクライニングシートを採用し、1993年度には、グッドデザイン商品に選定されております。


イメージ 13

主な特徴 KATOホームページより
●JR特急形車両の企画製品化の一環として、リリース。
●平成6年(1994)に製造された2次形のBe-05編成で、側面窓の天地が拡大され、近年実施された機器更新編成のプロトタイプを的確に再現。
●特徴ある車体形状、非貫通形の大胆な前面、ブルーとイエローの爽やかな塗色を的確に再現。
●定評あるフライホイール付動力ユニットを搭載し安定走行を実現。
●連結器はボデイーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。実感的な連結面間を実現。
●側面行先表示はシール対応。運用が大きく変化した3月改正前後の表示内容を収録。
●パッケージは、基本セットが5両ブックケース、増結セットは4両ブックケースに収納。


イメージ 14

E257系500番台と並べました。

実車の紹介 255系説明書より
255系は、房総方面の鉄道のイメージアップを図るために投入されました。「ハイブリッドモビリティ(複合移動空間)」をトータルコンセプトとし、車体断面などは253系を基本としていますが独自の前面形状、JR東日本の特急車両初のVVVFインバータ制御、ラジオ受信アンテナの導入、出入台付近の荷物室や縦方向に拡大された客室窓、グリーン車以外の普通車へのリクライニングシートの採用など、レジャー客とビジネス客という異なるニーズに対応しています。平成5年(1993)7月より「ビューわかしお」「ビューさざなみ」で活躍を開始、1993年度にはグッドデザイン賞にも選定され最終的には5編成が出揃いました。
平成16年(2004)に登場したE257系500番台とともに房総特急の顔として活躍してきましたが、平成27年(2015)より機器更新工事が開始され、現在255系は主に「しおさい」で運用されています。


今回はここまでにします。

また次回の記事でお会いしましょう!

最新記事

Yahooブログからfc2ブログに移行しました Aug 25, 2019
いすみ鉄道いすみ301・352 平成 令和 改元記念ヘッドマーク 2019/5/1 May 05, 2019
千葉都市モノレール1000形18編成 鉄道むすめ「葭川となみ」ヘッドマーク 2019/4/27 May 04, 2019
E257系0番台M-105編成 新宿さざなみ1号代走 内房線蘇我~浜野 2019/4/27 May 03, 2019
E233系ケヨ517編成 東京2020大会500日前ラッピングトレイン 外房線茂原駅 2019/3/26 Mar 27, 2019

プロフィール

sotoboline209

Author:sotoboline209
The railway blog of sotoboline209

外房線沿線に住んでいる鉄道好きのブログです。
千葉県を中心とした鉄道の写真を投稿しています。

20​15​年3​月1​4日からYahooブログ、2019年8月24日からfc2ブログで更新中です。


▼YouTubeで動画投稿中です。
https://www.youtube.com/sotoboline209

その他、Twitter、Instagram等も更新中です。


当ブログに掲載されている文章、写真等の無断転載は、法律で認められた場合を除き、著作権の侵害となります。

sotoboline209の鉄道ブログ
2019年8月25日更新

検索フォーム

QRコード

QR